クアラルンプールのおすすめ観光スポット①「バトゥ洞窟」

バトゥ洞窟こと「Batu Caves」はクアラルンプール にあるヒンドゥー教の聖地です。いわゆるパワースポットですね♪ここには市内外から参拝客や観光客が毎日訪れています。最近はインスタ映えスポットとしても人気があるみたいです。今回はバトゥ洞窟への行き方や見所をご紹介していきます。

バトゥ洞窟への行き方

バトゥ洞窟へは電車かGrabで行けます。クアラルンプールの北端にあるので、滞在先がセンターよりも南寄りの場合は電車を使うのが良いでしょう。

 

電車で行く

バトゥ洞窟へはKTMコミューター線で「Batu Caves(バトゥケーブ)」行きの電車に乗ります。終点なのでわかりやすいですね。KLセントラルというセンターにある駅から乗ることができます。片道だいたい3~5RM(約80~140円)くらいで、30分ほどで着きます。KTMコミューターは何北を走っている電車なのですが、他の路線に比べて本数が少ないです。1時間に1〜2本くらいのペースで走っていて、夜は本数が減るのであらかじめ時刻表を確認してから行くと良いでしょう。

Batu Caves駅を出るとすぐバトゥ洞窟が見えてくるので迷う心配はありません。

 

Grabで行く

北側のエリアに滞在している場合はGrabで行くのも良いでしょう。距離にもよりますが片道20~30RM(約560~780円)くらいです。観光地だからか私の場合は行きの値段の方が高かったです。Grabを利用してくる人もたくさんいるので、帰りもすぐつかまります。

 

バトゥ洞窟の場所

Google Map

バトゥ洞窟の中はこんな感じ

中に入ると272段の階段がドドンと迎えてくれます。2018年夏に塗り替え工事があったので全体的にすごくカラフルです。

左手にはお祈りする場所があって、ヒンドゥー教の人たちが靴を脱いでお線香を上げていました。

階段を見上げると90度じゃないかと思えるくらい結構急です。登る前から降りるの壊そうと足がすくみます。

結婚の儀式のようなものが行われていて、彼は周りにサポートされながら膝をついた姿勢で階段を登っていました。途中止まりながらとても辛そうでしたが、最後まで登りきっていました!

登り切るとこんな感じの景色です。怖くて振り向かないようにして登っていましたが、改めて見るとすごく高いところに来てしまいました笑

中は洞窟です。涼しくて心地よいです。中にもヒンドゥー教のお寺があって、その更に先にまた階段があります。登ると吹き抜けの部分から光が差しています。宮崎駿の世界のような幻想的な空間です。

バトゥ洞窟に行く時の注意点

バトゥ洞窟は定休日がなく8:00〜19:00まで開いています。入場料はありません。そんなバトゥ洞窟ですが、行くときは何点か注意点があります。

 

猿に注意!

ビニール袋をぶら下げていたり、食べ物に見えるものを持っていると階段に登っているときに猿に取られます。結構攻撃的に近づいてくるので、手には何も持たずに行った方が良いです。

 

トイレは済ませてから

トイレは階段の下と駅にありますが、あまり清潔とは言えません。そして階段を上ると上にはない様です。バトゥ洞窟に限らずクアラルンプールの公衆トイレはあまり綺麗ではないので、トイレは済ませてから行くと良いでしょう。

 

帰りの電車の時間をチェック

バトゥ洞窟の周りはお店があまりありません。階段の下にお土産屋やローカルレストランが何店舗かありますが、カフェなど休憩する様な場所はありません。電車の本数が少ないので、あらかじめ電車の時刻をチェックしておくと良いでしょう。

電車の時間はMoovitアプリを使うと便利です。

まとめ

バトゥ洞窟に行って一番印象的だったのはインド系の人たちのファッションです。街中でみるファッションとは明らかに違って、お祈りのために特別におしゃれしてきているのが分かりました。彼らのファッションを見にバトゥ洞窟に行くというのもありだと思います!クアラルンプールに来た時はぜひ訪れてみてください。

ウィービング作家・講師をしています。2015.7~2018までに500名以上がワークショップに参加。2019年はブログやYouTubeで情報をシェアしながら東南アジアの国々でウィービングしています。