タイ・チェンマイで今注目のオーガニックマーケット「JJマーケット」に行ってきた。

チェンマイで近年人気を集めているのが、オーガニック食材を集めたファーマーズマーケット。高級志向のタイ人や健康食にこだわっている外国人駐在員の中で週末のお出かけスポットになっています。中でも人気が高いのが毎週土日に開催されるJJマーケットです。正式名称はJing Jai Marketで、Jing Jaiとはタイ語で「誠心誠意」を意味するそうです。暮らしを大切にする気持ちが詰まったJJマーケットをレポートします。

チェンマイの注目スポットJJマーケットとは

JJマーケットは土日の朝8:00頃から13:00頃までオープンしています。私は日曜日に行きましたが、日曜日の方が出店数が多いみたいです。あまり広くないのですが、訪れる人がとても多くてフリーマーケットの様に混み合っています。

庶民派マーケットと違って、こだわりのあるハンドメイド雑貨やオーガニックフードがメインなので、買い物客がかなりおしゃれです。屋外マーケットなのでとても気持ちいいです。

JJマーケットは英語ではRustic marketとも呼ばれており、時代の流れに合った「素朴で自然な雰囲気のマーケット」として親しまれています。(ちなみにバンコクのJJマーケットはチャトゥチャック・ウィークエンドマーケットのことで別のものです!)出店者もこだわりのある人たちが集まっているので、商品の見せ方がとてもうまいです。

 

Farmer's Marketと表示されているところがそうです。

食べて買って楽しんで♪JJマーケットは新しいお出かけの形

私は左端から入りました。10時前到着しましたが、中に入るとすでにすごい人。歩き回るのが大変です。入り口付近にはコーヒースタンドとアンティーク食器屋さんがありました。

もう少し進むとハンドメイドエリア。外なのでフリマっぽい並びですが、おしゃれ感が圧倒的です。ハンドメイド作家さんやクラフト系の雑貨屋さんが並んでいます。

そのまま右手奥の屋根あり地帯に進むと、洋服ゾーンがあります。カラフルなステッチのデニム服やカットとパターンにこだわって作られたコットン素材の服などが並んでいます。どれもショッピングモールで売られている洋服より格段におしゃれです。価格は日本で買うのとあまり変わりないですが、恐らく大量には作れないため、買えるところが限られていると思います。体に合うものがあったら即決した方が良さそうです^^

屋根ありセクションを抜けて左手に戻ると、徐々にフードセクションになっていきます。どこもおしゃれに盛り付けられていて、どれを食べようか迷います。日本のたこ焼きやチェンマイでは珍しいヨーロッパスタイルのパンもあります。

そのまま右手奥に進むと、オーガニックコスメのお店があり、その奥が屋根付きのオーガニック食材エリアです。新鮮な野菜や様々な種類のお米、お惣菜やスイーツが並んでいます。脇では陽気なおじさん達がフォークミュージックを演奏しています。

お昼は悩みましたが結局こちらのダンプリンにしました。お母さんが一つ一つ丁寧に作っていくので、出来上がるまで15分くらい待ちました。私が頼んだのはベトナム味。クレープの様に米粉の生地を蒸し焼きして、野菜をたっぷり包みます。ガーリックやハーブ、スイートチリなどを盛りだくさんに振りかけてくれました。作っているところを見るのも楽しかったし、何よりとても美味しいので待った甲斐がありました^^

まとめ

JJマーケットは色々なカルチャーが混ざった空間だなと思いました。マーケット全体にも活気があふれていて、これからも発展していくパワーを感じました。チェンマイに長く住むことになったら私も出店したいなと思うそんなマーケットでした♪

JJマーケットから北に5分ほど歩くと大きなTESCO Lotusがあります。大きいスーパーマーケットはチェンマイの街中にあまりないので、帰りに買い物して帰ってもいいと思います。TESCO Lotusについてはこちらの記事をチェック!

ウィービング作家・講師をしています。2015.7~2018までに500名以上がワークショップに参加。2019年はブログやYouTubeで情報をシェアしながら東南アジアの国々でウィービングしています。