東南アジア版Uber、Grabcar(グラブカー)で移動する[アプリの使い方]

2018年3月に東南アジアからUberが撤退して、シンガポールに拠点を置くGrab(グラブ)が事業を買収しました。このGrabがチェンマイではめちゃくちゃ便利なので、アプリで配車する方法をご紹介します!

配車サービスGrab carとは?

日本でも徐々に使う人が増えてきたUber配車サービス。配車サービスとはタクシーに代わって、アプリで車を呼び、アプリ上でカードで運賃を支払うことが出来るサービスです。以前の記事で書いたMovタクシーも配車サービスですね。

東南アジアはUberが2018年3月に撤退しているので、マレーシア発祥のGrabを使いましょう!

東南アジア旅行でタクシーにぼったくられたー!という人は少なくないのではないでしょうか。私もメータータクシーでの乗る前のやりとりに疲弊した覚えがあります。そう、配車サービスはそんな東南アジア滞在にピッタリの便利なサービスなんです。

 

 

Grabアプリを使った配車方法・乗り方

それでは実際にGrabのアプリを使ってみましょう!

 

Home画面はこんな感じです。

目的地を設定すると、距離や利用する時間帯などから乗車料金が計算されます。実際に支払う料金がこの料金です。

近くにいるドライバーに発信して、車を探してくれます。

車が決まったら、ドライバーさんからメッセージが送られてきます。(恐らくドライバーさんが事前に設定しているテンプレートです。)「OK」などと返信します。

ドライバーさんの顔写真と評価レート、車のナンバーが表示されます。女性ドライバーがいい場合や、評価レートに不満がある場合はチェンジすることも出来ます。

車がどこにいるかGPSで確認できます。人によっては前の乗客を降ろす前に次のお客さんを取る人もいるので、その場合は前の乗客を先に降ろしてからこっちに向かってきます。

Grab carの車は乗用車ですが、チェンマイでは綺麗な車が多いです。車内もきちんとクリーニングしているドライバーが多い印象です。降りてドライバーが完了操作をすると評価画面が出てきます。

特に気になったことがなければ5つ星を送ってあげましょう^^

 

 

Grab carのオススメポイント

チェンマイに来て1ヶ月ほどとなりましたが、Grab carが便利すぎて週2~3回利用しています。気に入っているポイントは以下3点です。

  • 目的地をアプリ上で設定できる
  • メータータクシーよりも安くて便利
  • ドアtoドアだから快適

 

目的地を口頭で伝えたり、運賃が後で変わることがないので安心して乗れます。今滞在しているとことからは中心地まで大体10分くらいなのですが、待ち時間は0~10分、料金は片道60~80B(約250円前後)くらいです。

ドライバーさんも感じのいい人が多いので、今のところデメリットは感じていません。事故が起きた時など法律で保障されるのはGrab taxiだそうなので、心配な方は少し割高になりますが、Grab taxiを利用するといいと思います。他の国でも利用して、違いを再度記事にしたいと思います!

 

2019/3/28追記

Grabは使い続けるとどんどんポイントが貯まっていきます。定期的にクーポンの配布も行なっているので、そのタイミングでクーポンをゲットしたり、ポイントをクーポンと交換したりすることで、お得に乗る事ができます。私は2.5ヶ月で1500円分くらいポイントが貯まりました!

 

ウィービング作家・講師をしています。2015.7~2018までに500名以上がワークショップに参加。2019年はブログやYouTubeで情報をシェアしながら東南アジアの国々でウィービングしています。