海外暮らし・クアラルンプールの生活④「おすすめマレーシア料理その2」

前回のマレーシアおすすめ料理でご紹介しきれなかった、マレーシアの定番料理をご紹介します。どれもとっても美味しいので、クアラルンプールに来た時は毎回食べたいものたちばかりです。

ナシレマ Nasi Lemak

ナシレマはマレーシアの定番朝ごはんです。ランチに食べてる人もよくいて、日本人にとってのおにぎりとか納豆ご飯といった位置づけでしょうか。発音は「ナシルマ」って感じです。

ココナッツミルクで炊いたご飯の周りに甘辛ピーナッツ、サンバル(マレーシアの辛いソース)、ゆで卵、きゅうり、煮干しなどが盛り付けられます。マレー系の人は手で食べるので、これらをいい感じに混ぜながら食べます。ローカルなレストランに行くとみんなこれを食べてます。

サンバルがとても辛いので、ココナッツご飯で中和しながら食べる感じです。辛いのが苦手な方はサンバルはやめておいた方が良いです。マレーシア料理に煮干はよく使われるのですが、香ばしくてとても美味しいです。マリネで出てくることもあります。

もともと農家の人が朝ごはんに食べていたもので、レストランなどでも出されるようになりマレーシアのソールフードになりました。ココナッツご飯はカレーともよく合います。ご飯だけで頼めるところもあるので、ぜひトライしてみてください^^

 

マレーシア風おでんヨンタオフー Yong Tau Foo

ヨンタオフーは中国系の移民によってマレーシアやシンガポールに伝わってきた料理で、一言で言うと「おでん」の様な料理です。感じでは「醸豆腐」と書きます。

味付けはお店によって異なるのですが、基本的にとてもさっぱりとしたやさしい味付けです。マレーシア料理はしょっぱかったり、辛かったり、油っこいものが多いので、あっさりとした味が好きな日本人にはぴったりな料理です。

具材はナスやオクラなどの野菜、厚揚げや豆腐などで、それぞれに魚をすりつぶした魚肉が挟まれています。やさしいハンバーグみたいな感じです。水餃子や麺類もあるので、数種類頼めばお腹いっぱいになります。

 

デザート?おかず?ロジャック Rojak

ロジャックはなんとも不思議なフルーツサラダです。甘辛くてデザートの様でもあり、おかずの様でもあります。正直どのタイミングで食べたら良いのかわかりませんが、マレーシアのローカルフードとして屋台などでよく売られています。シンガポールやインドネシアでも食べることができて、中華系やインド系など味付けと具材がそれぞれ異なります。

ロジャックは「ごちゃ混ぜ」と言う意味で、キュウリ、パイナップル、りんご、揚げた魚などとにかく色々なものをソースで和えた料理です。ソースはタマリンド、甘い醤油、砂糖、ピーナッツなどが混ざった濃厚な味で、結構ボリュームがあります。正直日本人にとっては不思議な食べ物すぎて好き嫌いが分かれると思います。お店によっては具を自分で選べたりするので、お試し程度に食べてみると良いと思います^^

 

おまけ

2回に渡ってマレーシアの食をお届けしました!食べてみたいものはありましたか?クアラルンプールは東南アジアの中でもかなり整っているので、日本と同じ様な暮らしがしやすい場所です。私はローカル料理が好きなので、あまり日本食を食べに行かないのですが、一度だけクアラルンプールでばんからラーメンに行きました。

日本食はとても人気なので、鉄板焼き屋さんとかお寿司屋さんとかしゃぶしゃぶ屋さんとか結構色々あります。東南アジアのご飯が口に合わなくて、日本食だけ食べてマレーシアに暮らしている日本人もいるので、食べようと思えば毎食日本食もいけます!ファミリーマートにおにぎりとかも売ってるし。

旅途中で胃が疲れたら日本食をちょっと挟んでもいいかもしれないですね^^

ウィービング作家・講師をしています。2015.7~2018までに500名以上がワークショップに参加。2019年はブログやYouTubeで情報をシェアしながら東南アジアの国々でウィービングしています。