Profile

Mai Oyamada
From Tokyo
University of the Arts London Portfolio course卒
文化女子大学短期大学部生活造形学科卒
中目黒ものづくりスペースFLATMATEオーナー、ウィービング講師

好きなこと:手芸、海外旅行
好きなもの:1つしかないもの、インドカレー、異文化

苦手なこと:まっすぐな線を描くこと
苦手なもの:たくさんある黒い丸

ものづくりについて

ものづくりと一口に言っても、室内でできる洋裁や庭でやる木工、昔ながらの陶芸や現代的なグラフィックなど様々ありますが、私が一番好きなものづくりは「手で何かを作る」事です。もちろん作品を作る過程でミシンを使ったり、Photoshopで画像編集をしたりしますが、やっぱり一番好きなのは手を動かして様々な発見をしながら新たなものを生み出すことです。

手を使うと人それぞれ違う表情の作品ができますし、同じ人でもその人がその時持っている感情や体調の変化によって作品にも個性が生まれます。1つとして同じものはないし、手で作っているからどこか線が曲がっていたり、全体が均一でなかったりしますが、それがまた良かったりします。

このサイトではそんな私の手から生まれた作品をまだお会いしたことのないたくさんの方にお届けし、同時に手でものを作るというかけがえのない体験を、多くの方と共有したいと思い作りました。

 

Crafts

There are many kinds of crafts – sewing, DIYs, traditional pottery and modern digital graphics. Among all, I like to create something by hands. I need the help of Photoshop and a sewing machine in the process; nonetheless,I like to make handicrafts the most at the same time discovering and creating new ideas. Hand-made products present different features and the mood plays an important role – the same creator or not, nothing would end up the same.  Through this site, I can show my handiworks to people I’ve never met; moreover, share the precious experience of handicraft to all.

材料について

ウィービングやテキスタイルワークに使用する材料は毛糸やひも、布など様々です。私はなるべくリサイクルの材料を使うようにしています。これは2つ理由があって、1つは今すでにあるもので、もう使わないけれど捨てるにはもったいないというものは実は身の回りにたくさんあって、それを活かしたいと考えているからです。

最近ではものに新しい価値を吹き込んで新たなものに生まれ変わらせる「アップサイクル」という考え方が徐々に広がって来ています。例えばファストファッション市場で安く大量に作られた服もそれをデザインした人や縫製した人がいます。たくさんの人の手がかかって作られたものをただ捨ててしまうのではなく、違う形にして新しい人の元に届けられたら素敵だと思いませんか。

もう1つの理由は私自身古いものに魅力を感じるからです。例えば古着で言えば、ディテールがすごく凝っていたり今はあまり見かけない柄があったり、ウィービングで使う毛糸も半分はクローゼットにしまわれて使われなくなっていた古い毛糸です。古い毛糸は保存状態が良ければ問題なく使えます。カラーも今は販売されていないような素敵なものがたくさんありますし、あまく撚った太めのものがあったりして手織りにはぴったりです。

現代社会でよく資源は限られているから「エコ」に生活しよう!と言われますが、資源を大切にするということはそれを作った人々を敬うことでもあると思います。それを作った人のことがもっと消費者に見えるようになれば、誰もがものを大切にするようになるのではないかと思います。

 

Materials

The materials I use in my work are wool, yarn, fabrics and many others. I try to use recycled materials because it’s a shame to just throw things away. If I could make something new from something old, I would rather make use of them instead. 

Another reason why I use recycled materials is I always find old things attractive. Used clothes, for example, often have detailed decorations or unique patterns which is not trendy these days. Half of the yarn I use in my work had been in a closet and had not been used for a long time. These old yarn can be used without any problem if kept properly. Also, Their pretty colours and the thick loosely twisted yarn that is excellent when used in hand weaving are not seen in stores nowadays. 

Have you ever heard of the word ‘upcycling’? It is a concept of recreating, breathing new value into recycled things. Mostly seen in mass production and fast fashion industry, the people behind these made effort to design and sew such clothes. So why not delivering upcycling products to the new owners rather than just throwing away?

People tend to say that natural resources are limited so all should go green in modern society. I think saving resources doesn’t only mean being eco-friendly but also showing respect and appreciation to those who make products. If it’s known to consumers that there are many people behind every production and industry, they would take care of things more.