海外旅行や国外移住、滞在先はどうやって探すの?

私はいつも海外に行くときはパッケージツアーなどには申し込まずに、自分でインターネットで航空券や滞在先を探して予約しています。ここでは海外旅行で今まで使ってきた便利なサイトと、今回東南アジアに滞在することになってどうやって滞在先を決めたかをお話ししていきます。

海外の滞在先を予約する[短期編]

航空券を予約したら到着日に合わせて滞在先を予約します。数日あるいは数週間単位の短期滞在であれば便利なホテルもしくはホステルやゲストハウスがいいでしょう。

私は数千円で泊まれて、コモンルームで他の人と交流ができるホステルやゲストハウスを選ぶことが多いです。特にヨーロッパやアメリカのホテルは1泊1~1.5万円程度のホテルだとバスルームがいまいち綺麗じゃなかったり、朝食付きだと思ったらパサパサのパンだけだったりと、日本のホテルをイメージしていくとがっかりすることが多いです。そのため1泊2万円の予算がなければホステルやゲストハウスの方が楽しめてオススメです。

以下の2つは私がよく使っているサイトです。どちらのサイトも今は日本語に対応しているので使いやすいと思います。

HOSTEL WORLDは1999年に創業されたアイルランドの会社です。私は2007年ごろから使っていますが、サイトの見た目も検索も随分と改善されてとても使いやすくなっています。また、レビュー評価が分かりやすく掲載数も多いので比較がしやすいです。

 

Booking.comはアメリカに親会社を持つオランダの会社です。1996年に創立されました。こちらも10年ほど前から利用しています。最近では日本国内の滞在先も増え、国内旅行にも使えるようになってきました。検索の並び替えで『口コミスコアが高い&料金が安い』順というのがあって便利です。写真の数がとても多く、設備やキャンセルについてなど細かく掲載されているので安心です。

 

海外の滞在先を予約する[中長期編]

1ヶ月あるいは数カ月単位で滞在する場合、1年間丸々滞在する場合はどうでしょうか。ホリエモンやセレブリティーの様に毎日ホテルに泊まれたらいいのですが、誰しもそういう訳にはいかないので、ホテルではなくアパートを探します。

まず「アパート」という名称について先に書きます。アパートは日本でいうアパートおよびマンションのことを指します。集合住宅のことですね。ちなみに「マンション」は和製英語です。英語での'mansion'はお屋敷です。広くて豪華な一軒家のことを言います。

特にマレーシアやシンガポール、香港などのアジア圏では「コンドミニアム」という高層マンションがあり、「サービスアパートメント」とも呼ばれます。日本の高層マンションにも受け付けやラウンジがついていたりしますが、そんな感じで大きめのコンドにはジムやプールが普通についています。

また、イギリス英語ではアパートを'flat'と言います。これは日本のアパートの事で、場合によっては一軒家を数人でシェアする場合にもフラットと呼んだりします。

それでは中長期の滞在の場合どうやってアパートを探したら良いのでしょうか。下記の3つのパターンを考えてみました。

 

  • 寮やホームステイ

私はロンドンに留学していた時、始めの3週間は英語学校と提携しているホームステイ先に滞在しました。一人暮らし自体初めてだったので、慣れるまで安心して暮らすことができました。学校以外に英語を話す相手がいたのも良かったです。その後3ヶ月大学の寮に住みました。キッチンやバスルームを数人でシェアするタイプだったので、共用部分はお世辞にも綺麗とは言えない環境でしたが、掃除をしてそれなりに快適に過ごしました。セキュリティーもしっかりしていて、同じ寮に住む人たちと交流出来たのが楽しかったです。一人で海外に行くことになった場合は、頼れる人を最初に作っておくのはとても大事だと思います!

 

  • 誰かとシェアして住む

欧米では住居費が高いため友人もしくは知らない人とシェアして住むのが一般的です。日本でも最近はシェアハウスが増えてきました。これは向き不向きと運があるので、一概にベストな方法とは言えませんが一度はやってみていいと思います。私の知る限り友達同士で住むより、知らない人と住んだ方が上手くいくケースが多いです。気の合う友人だからと言って四六時中一緒にいると話は別です。それよりも関心が薄い他人と住んだ方がお互いに干渉しすぎず、いい感じの距離感を保てます。相手と相性が悪かったら場所を移ればいいだけです。

日本人の感覚からするとシェアメートが清潔でなかったり、色々と大雑把だったりすることが多いと思いますが、どうしても気になることは我慢せずに伝えた方がいいです。恐らく何かしら言い返されちゃうと思いますが、ずっと我慢するよりはましです笑

シェアメートを探す方法ですが、イギリスにいた時はMix B(日本語)Gumtree(英語)いう掲示板サイトを使っていました。不動産屋に行って交渉するのはハードルが高いと思うので、こういった便利なサイトを利用するといいと思います。今ならAirbnbがどこの国でもあって一番使いやすいのではないかと思います。検索機能がまだまだいまいちですが、月単位で借りるとマンスリーディスカウントがつくのでホステルなどよりも安く、広い部屋に住めます。家具や家電、日用品も揃っているところが多いので知らない土地に住むにはとても便利です。

 

  • 一部屋借りる

数人で滞在する場合は一部屋借りることも視野に入れていいでしょう。簡単なのは上で出てきたAirbnbなどの民泊サイトを使って探すこと。知らない人とシェアするのに抵抗がある人は部屋タイプを「まるまる貸切」にチェックして検索しましょう。

私は今回の東南アジア滞在でNomad Rentalというサイトを見つけました。まだローンチしてからの日が浅いためか掲載数が少ないです。でもデジタルノマド向けに滞在先が絞られており、Wifiスピードが一目でわかる様になっています。現在東南アジア地域がメインですが、見るたびに国数が増えているので、いずれ世界中の滞在先が乗るのではないかと思います。

また、数カ月あるいは1年単位で滞在する場合もあると思います。その場合最初の1ヶ月を民泊サイトで予約し、1ヶ月の滞在中に直接アパートを見にいくというのも一つの手です。東南アジアの場合は不動産屋を仲介しなくても自分でレセプションで内覧を予約したり、アパートの掲示板からオーナーに連絡を取ったりすることで1月単位の契約ができる場合が多いです。ただ、それなりに語学力が必要になるため、心配な人は日本語で通訳してもらえる仲介業者を利用するのが安心でしょう。

 

 

おまけ 〜 滞在先で安全に過ごすために

ここまで滞在先の探し方をみてきました。慣れない海外生活、危険なことがあったらどうしようと不安な人も多いでしょう。最後に海外での滞在で安全に過ごすために私が気をつけていることをシェアします。

 

  • 滞在先のセキュリティー

ゲートがオートロックもしくはレセプションがあって、入館者が限られているアパートを選ぶ。シェアの場合は個室のドアに鍵をかける。

 

  • 貴重品の収納

スマホやPC、パスポートは就寝時も手の届くところに置いておく。端末の画面にはロックをかけておく。現金・クレジットカードは最小限を携帯し、一部別の場所に持っておく。クレジットカードは念の為スキミング防止対策をしておく。部屋の金庫は使わない。

 

  • 通信環境

いつ何があるか分からないのでWifiもしくはSIMカードで常にインターネットが使える様にしておく。

 

私は今まで滞在先で物を取られたり、危険な目にあったことは一度もないです。それでも日本にいる時と同じ様に過ごしていたら隙だらけです。なので最低限上の3つは常に心がけています。緊張しながら過ごしても体に良くないので、自分でルールを決めて習慣化してしまうのがオススメです!

 

 

ウィービング作家・講師をしています。2015.7~2018までに500名以上がワークショップに参加。2019年はブログやYouTubeで情報をシェアしながら東南アジアの国々でウィービングしています。