タイ観光ビザの申請方法と注意点について

滞在先も飛行機も予約できていざ出発!したいところなのですが、その前に肝心のビザを取りに行きます。タイは最長30日間ビザなしで滞在出来ます。今回はもうちょっと長く居たかったので観光ビザ(シングルエントリー)を取得し、プラス30日間滞在出来る様にしました!

私たち日本人はビザなしで旅行出来るのが当たり前になっているので、ビザを取ると聞くとすごく面倒で大変な気がしちゃいますよね。確かに手間はかかるのですが、今回やってみてなるべくスムーズに済ます方法が分かったのでシェアさせて頂きます。

タイ観光ビザの種類

日本のパスポートではタイに最長30日間ビザなしで滞在出来ます。それでは30日以上滞在したい場合はどうしたらよいでしょうか。今回は就労目的でない場合(観光など)の方法についてみていきます。

  • ビザなしで入国し現地で延長申請する[30~60日滞在可能]

30日間の滞在中にタイ現地で30日間の延長手続きをすることで合計60日間滞在することが出来ます。<延長料金1,900B (= 約6,600円)>

 

  • 観光ビザ・シングルエントリーで入国する[60~90日間滞在可能]

観光ビザ・シングルエントリーを取得すれば最長60日間滞在することが出来ます。更に現地で延長申請をすればプラス30日間滞在可能です。ビザ自体の有効期限は申請日から3ヶ月なので早く申請しすぎない様に注意が必要です。また、シングルエントリーは一度タイを出国するとビザが無効になってしまいます。出国が必要な時は必ずリエントリーパーミットを取得しましょう。<ビザ申請料4,500円、延長料金1,900B (= 約6,600円)、リエントリーパーミット・シングル1,000B (=約3,500円)>

 

  • 観光ビザ・マルチプルエントリーで入国する[最長240日間滞在可能]

観光ビザ・マルチプルエントリーを取得すれば入国毎に60日間、延長申請をすれば毎回プラス30日間滞在が可能となります。マルチプルエントリーはシングルエントリーと違って出入国することを前提としたビザなので、出国しても無効にはなりません。ビザは6ヶ月間有効で、入国毎に60日間の滞在が許可されます。入出国のタイミングを工夫すれば最長240日間滞在出来ることになります。

60日間+30日間→出入国→60日間+30日間→ビザの有効期限が切れる前に出入国→60日間

ただ実際はそれぞれの滞在日数より少なめに考えて出入国した方が無難だと思います。<ビザ申請料22,000円、延長料金1,900B×2回 (= 約13,300円)>

 

 

滞在日数や出入国の許可はケースバイケースで異なることもある様です。タイの法律も随時更新されるので、滞在中も安心せず常に最新の情報収集を心がけましょう。また滞在が長期になる場合はパスポートの有効期限にも注意しましょう。

 

 

タイ観光ビザ必要書類の準備

ビザの申請には様々な書類が必要です。書類の作成や取得には時間がかかるため、特に初めての場合は1ヶ月以上余裕を持って準備を始めましょう。

 

  • 必要書類の作成と取得

必要な書類は念には念をで何度もチェックして、不備や不足のない様に準備します。私はビザについてのいくつかのブログと、タイ大使館のHPを参考に準備しました。中でもこちらのブログが丁寧で分かりやすかったです。

タイ観光ビザの申請・延長方法・必要書類について

最終的には大使館のHPで最新の情報を調べた方が良いですが、分かりにくい部分もあるので、親切なブログを頼りにするとスムーズに準備できます。申請書と経歴書は大使館のHPよりオンライン上で入力しダウンロードすることが出来ます。

 


 

申請料

シングルエントリー 4,500円 、マルチプルエントリー 22,000円

※ビザがおりなくても返金されません。

 

申請に必要な書類(在京大使館の場合)

・有効なパスポート(有効期限が6ヶ月以上有効なもの、査証欄の余白部分が2ページ以上あるもの)

・申請書(申請者カラー写真 1 枚(3.5×4.5cmサイズ)を張り付ける、大使館によって書面が異なるため申請場所に合わせたフォーマットのものを用意)

・航空券または予約確認書コピー(申請者名、便名、タイ入国日、出国日が記載されたもの、入国・出国両方必要)

・経歴書(英文)

・銀行残高証明書原本(日本円表記可、本人名義であること、家族名義の預金残高証明書を使う場合は、申請者との家族関係を証明する公的書類(戸籍謄本原本・住民票原本等)を添付すること)

~シングルエントリー(少なくとも一人20,000バーツ相当、家族で40,000バーツ相当以上の残高証明が必要)

~マルチプルエントリー(少なくとも一人200,000バーツ相当の残高が6ヶ月以上あることが証明できること)

※銀行に申請し、発行には2日~1週間、700~1,000円程度が必要

・滞在中の詳細なスケジュールが書かれた行程表(英文)

・職業を証明する書類

会社員;① 在職証明書原本、② 休職(休暇)証明書原本、③ 会社登記簿謄本原本

会社経営者/自営業;会社登記簿謄本原本(なければ確定申告書類のコピーと身元保証書原本と身元保証人の身分証コピーにサインしてもらったもの)

学生;学校発行の在学証明書原本

年金受給者;年金証書原本及びコピー、受給年金額がわかる書類

主婦;婚姻証明書(戸籍謄本)及び 配偶者の旅券コピー、在留カードまたは外国人登録証書

20歳未満の子供;戸籍謄本または親と子の関係がわかる書類、保護者の英文身元保証書原本(Guarantee Letter)と正式な署名をした保護者の旅券のコピーまたは免許証のコピー

職に就いていない方;納税証明書もしくは、非課税証明書、又は確定申告証明書

・宿泊先の予約確認書(滞在予定の全日程分)

 

注)申請書類の書き方や種類に不安がある方は事前に大使館に問い合わせましょう。それぞれの書類は申請者の人数分必要です。内容が同じでも人数分準備しましょう。書類に不備があった場合、その場で修正させてもらえることもありますが、不備の内容や担当した人の判断によっては受理してもらえず出直す事もあり得ます。書類には何度も目を通して十分に確認しましょう。

 

 

  • オンラインで申請予約

ビザの申請には事前予約が必要です。予約は大使館のHPから出来ます。(在京大使館)

一日に予約できる人数が限られていますので、余裕を持って予約しましょう。時間は9:00~10:00、10:00~11:30より選択出来ます。名前で予約するので、複数人で申請する場合はそれぞれの名前で予約します。登録したメールアドレスに確認書が送られてくるので、印刷して当日書類と一緒に持ち込みます。

 

 

ビザ申請当日に気をつけること

予約した申請日時に大使館に行きます。申請料、申請書類一式、予約確認書を持っていきます。私は念の為書類のデータをUSBに入れて持参しました。書き直し様にボールペンと待ち時間の暇つぶしグッズもあると便利です。

同じ時間帯にたくさんの人が予約して来ています。書類の不備や修正などがあり、後になれば後になるほど待ち時間が長くなるので予約時間よりも早めに到着出来る様にしましょう。ゲートで予約確認書を見せると番号札をもらえます。中に入り自分の番号が呼ばれるまで待ちます。ビザの窓口は4つあってうち3人はタイ人の方でした。

私が行った時はすんなり受理してもらえる人、書き直しをする人、書類が足らず突き返される人など様々でした。私の場合は60日分の申請でしたが最初の1ヶ月分しか宿泊先を予約していなかったため、残りの日数も予約する様に言われました。こちらは受け取り時に持参すれば良いと言ってもらえました。また、自営業なので確定申告書を持参しましたが、コピーを取ってこなかったため、コンビニでコピーしてくる様に言われました。念の為持っていった身元保証書は大阪大使館のフォーマットだったため、こちらも東京大使館の書面で書き直して持ってくる様に言われました。

初めてのビザ申請は万全の準備をして行ったつもりでしたが、結局不備があり終始ドキドキでした。これも経験ですね。

書類を渡したら、会計で呼ばれるまで待って、支払いをして終了です。会計では質問が出来ないため、聞きたい事は事前に窓口で聞く様に言われました。

 

 

ビザの受け取りについて

受け取りは翌々開館日の14:00です。(大使館はタイと日本の祝日が休館日です。)申請時に受け取った領収書をゲートで見せます。14:00前に到着しましたが、待っている人は少なく、受け取りも一瞬で済みました。

申請時に足りなかった宿泊先の予約確認書と身元保証書を提出し、無事にビザを取得することが出来ました!有効期限は申請日からとなっていたので、滞在日を考えた上で、余裕を持って申請に行くことをお勧めします。

ウィービング作家・講師をしています。2015.7~2018までに500名以上がワークショップに参加。2019年はブログやYouTubeで情報をシェアしながら東南アジアの国々でウィービングしています。